アタカ住販ホームアタカ住販の家づくりリフォーム

アタカ住販の家づくり

リフォーム

長年生活を共にしてきたマイホーム、10年を超えてくるとお疲れになる部分、生活の変化で気になる部分等も出てくると思います。
これからまだ10年、20年とお世話になる家ですから、キッチンや洗面所、お風呂などの設備の入れ替え、間取り変更等、模様替えを兼ねて手を入れてあげたいところです。

そこでアタカ住販では、お客さまの「気になる」にお答えできるリフォームを提案していきます。

住宅設備の入れ替え

新築後20年程すると、いろいろと不具合やお掃除では取れない汚れが目立ち始め、気になってくるのが水回りだと思います。

キッチン

【キッチン】

キッチンの交換をするとき、この際使い込んで油を吸った床や壁の張替も一緒に行うとキッチンの周りも綺麗になり、後から壁や床に手を入れるより、満足感がより高く、やり直しがないので施工費も安上がりです。

洗面所

【洗面化粧台】

洗面化粧台を交換する場合、洗濯機からこぼれた水で弱った床の張替やユニットバスの入口の土台の腐朽補修、そして古びてきたお風呂を入れ替える等を一緒に行うことにより、満足感と工費の節約になり、家に対する愛着が湧くことでしょう。

【トイレ】

最近はトイレの入れ替えも増えてきました。原因はシャワートイレタンクの水漏れ、弁等の回路の故障等がきっかけのようです。もちろん製品的にも10年は超えていますので、部品交換するよりも全交換する方が良いと思います。交換時に水使用量が、お使いの半分以下の最新モデルへの入れ替えが人気です。

外壁などの外回り

07
新築から8年程過ぎてくると、付き合いのない業者さんのチラシや訪問があり、時の到来を感じます。
外壁塗装はリフォームの中でも、お客様の気になるナンバー1だと思います。そこでアタカ住販は2通りご提案します。
1つは塗替え(クリアー塗装含む)2つ目は取替え(張替)です。

06現状を見ての判断とはなりますが、第一はお客様がいつまで住むか、予算はどこまでかが重要です。あまりに外壁や屋根等の劣化がひどければ、塗装しても塗膜が持ちません。一番普及しているサイディングボードやコロニアルは、塗膜が劣化し水を含むと考えられないぐらい脆いので、張替の方がライフサイクルが長くなり、結果的に割安になる場合もあります。できれば、そうなる前に意匠性のあるサイディングボード等はクリアー処理がおすすめです。

せっかくのタイル調や多彩色のサイディング。塗替えの時期を逃すと、1色塗りになってしまうので色合いの綺麗なうちに施工したいものです。

gaiheki

断熱リフォーム

断熱材今の新築住宅は、十数年前の新築住宅に比べ、使用している窓、断熱材等の性能が格段向上しています。
その窓や断熱材で家中をすっぽり包み込みますと、夏は熱射を冬は冷気を遮り、夏涼しく冬暖かく、居室と廊下、居室と脱衣室トイレなどの温度差が少なくなり、特に年配の方にも安全で、光熱費が少なくて済む、人にも家計にも優しい住宅に生まれ変わります。

断熱材そこで今、壁・床・天井の断熱材を高性能のものに交換し、窓を樹脂サッシ+LowEガラスに交換するお客様や、その窓については手軽な内窓施工を行うお客様もいらっしゃいます。
これらの工事は部分的にも施工できますので、家族の集まるリビングだけでも大変効果的です。

意外にも住宅の窓からは熱が逃げてしまうものなのです。

Fudousan Plugin Ver.1.5.1