UA-39567166-1

アタカ住販ホームZEH住宅

ZEH住宅

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という選択
世界で地球温暖化ガスの排出量削減を課題とする昨今、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとなっています。そこで、これまでの「省エネ」に加え、太陽光発電や風力発電などの「創エネルギー」を導入し、消費電力より発電電量が上回る家づくりに注目が集まっています。 政府は2020年までに標準的な新築住宅での導入を目標としています。

2020年、日本の住宅に関する基準が大きく変わる
日本の住宅における省エネ基準は2013年に政府によって決定された「改正省エネルギー基準」によって大きな変化があり、2020年に住宅の省エネルギー性能基準の適合が義務化されることになりました。建物の外皮(壁や窓など)の断熱性能と一次エネルギーの消費量を規定の方式で算出し評価されるのが特徴です。これによって、2020年以降は基準に満たない住宅を建てることができなくなります。 さらに、2014年4月に政府によって決定された施策「エネルギー基本計画」において、2020年までに住宅・家庭のエネルギー消費を抑えるだけではなく、エネルギーを創ることで家庭におけるエネルギー消費量をゼロ以下にする住宅「ZEH(ゼッチ)」を、新築住宅の過半数以上とする目標を掲げました。

ZEH(ゼッチ)とは?ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。(経済産業省 資源エネルギー庁ホームページより引用)

ZEHへの取り組み報告

「ZEH基準の住まい普及に向けて2018年は新築住宅の30%以上をZEHで建築することを目標とします。」


Fudousan Plugin Ver.1.5.1